萬鐵五郎:ハードボイルド美術館

絵画

萬鉄五郎という画家。知っている人は少ないかもしれないが、明治・大正時代のアカデミックな画風が支配的であった日本洋画界に、当時の前衛絵画であったフォーヴィスムを導入した先駆者として彼の功績は大きい。そして、彼の孤独な内面をえぐる作品を少しだけでも観賞しようではないか。

スポンサー広告

略歴

Wikipediaで略歴紹介。前衛絵画であったフォーヴィスムを導入した先駆者というレッテルが一番彼に向いているかもしれない。

萬 鉄五郎(よろず てつごろう、萬 鐵五郎、1885年11月17日 – 1927年5月1日)は、大正~昭和初期の洋画家。岩手県和賀郡東和町(現在の花巻市)出身。1907年、東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学。1912年、岸田劉生や高村光太郎らの結成したフュウザン会に参加している。萬は、その頃日本に紹介されつつあったポスト印象派やフォーヴィスムの絵画にいち早く共鳴した。特にフィンセント・ファン・ゴッホやアンリ・マティスらの影響が顕著であった。黒田清輝らのアカデミックな画風が支配的であった日本洋画界に、当時の前衛絵画であったフォーヴィスムを導入した先駆者として萬の功績は大きい。晩年は日本画の制作や南画の研究も行った。

Wikipedia

自画像ヤバし

萬鉄五郎はとにかく、よく自画像を描いている。そして、それは、一様に、暗い。大正8年には、過労と睡眠不足から強度の神経衰弱症となり、神奈川県茅ヶ崎へ転居療養しているが、昭和になると同時に死んだ彼の精神が反映されていたのだろうか。

赤い目の自画像

画家 萬鉄五郎 に対する画像結果
出典:http://blog.livedoor.jp/a_delp/archives/cat_1246464.html

雲のある自画像

画家 萬鉄五郎 に対する画像結果
出典:『雲のある自画像』(1912年、岩手県立美術館)
画家 萬鉄五郎 に対する画像結果
出典:https://www.ohara.or.jp/201001/jp/C/C3b16.html

点描風自画像

画家 萬鉄五郎 に対する画像結果
出典:萬鉄五郎 《点描風の自画像》 明治44年(1911)頃 岩手県立美術館蔵

自画像(洲之内コレクション)

自画像
出典:https://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/education-education-01-ku-2016.html

現代画廊経営者であった洲之内徹氏は、萬鉄五郎の自画像の魅力を、彼のイメージの孤独の深さであり、自分には見えているのに人には見えないもの、言わずにいられないが言っても誰にもわからないこと、選ばれた者の恍惚と不安を描いた作品であるとまで、言っている。

持たれて立つ人

晩年に描いた作品。日本キュビズムの代表作とも言われている。

「フォーヴィズム」~「キュビズム」・・そして「萬鉄五郎」_b0099994_11384970.jpg
出典:https://www.ima.or.jp/exhibition/temporary/2017_01.html

湘南風景

結核による肺炎で死去する1年前に描いた最後の作品か。茅ケ崎の風景を描写している。

「フォーヴィズム」~「キュビズム」・・そして「萬鉄五郎」_b0099994_11471875.jpg
出典:https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m172448866

裸体美人

萬鉄五郎の代名詞であるのは、これ。「裸体美人」。

現在は東京国立近代美術館に所蔵されており、国の重要文化財に指定されています。 発表から100年以上経った現代においても存在感の際立つ作品です。

美人にはみえないが味があり、その肉欲的な存在が大地に根ざしているような女性の本質を抉り取っているような絵なのだ。多分。

f8449224
萬鉄五郎 《裸体美人》 (重要文化財) 明治45年(1912) 東京国立近代美術館蔵 

萬鉄五郎紹介BOOK

萬鐵五郎展 絵画の大地を揺り動かした画家 [図録] (日本語) 大型本 – 1997/1/1

東京国立近代美術館 編 (著)
鉄人アヴァンギャルド―万鉄五郎 (日本語) 単行本 – 1997/5/1
大正アヴァンギャルドの雄、鉄人の復活!万鉄五郎―みずから鉄人と名乗った男。彼は近・現代の架橋、混沌の大正画壇において、つねに前衛の尖端を走り続けた。昭和の幕開けとともに不幸にして病いのために急逝した画家が、生前に遺した身を切るような言葉の数々。そして洋の東西を横断して進展した独自な作品群。どこまでも己に誠実に生きた者のみに生じる精神の闘いを追って、今、鉄人の魅力の全貌を明らかにする。
萬鐵五郎 傑作への道程 雑誌 – 1992/1/1

(財)岩手県文化振興事業団 (著)
日本の名画〈34〉万鉄五郎 (1973年) - – 1973/1/1
万鐵五郎を辿って (日本語) 単行本 – 1997/9/1
剥き出された赤土と桑園に燃える緑。多面性を持つ画家、岩手・土沢訛の万鉄五郎こと”テッツァン”を辿り辿る同郷の美術家村上善男が、土沢と茅ヶ崎に聴いた「風景」の発する声。巻末に万鉄五郎を巡る対談など。

コメント

タイトルとURLをコピーしました