エッセイ

エッセイ

独りもんであることを夢見る

独りでの生活ってのは大人になればなるほど夢見たりして。独りもんっていうのとアドレスホッパーであることに夢はあるかい?そんなエッセイのような独り言。究極のミニマリストは独身か?
エッセイ

有名人接近遭遇話

芸能人を始めとする有名人との接近遭遇があるだろう。誰にも。だからって、それが何かの意味あるの?ビックリすることは確かにあるけれど。
エッセイ

軽い話から思うこと

僕等の意思決定と行動はどんなところから発生してくるの?それを客観的に把握するのにはどうすれば良いの。軽い話をする人は軽いか?先入観と直感とバイアス。行動経済学から学ぶ。人の見極め方。
エッセイ

夢の中で:夢占い

貴方はどんな夢を見ますか?幸せな夢を見れますか?そうでなかったら、どうしますか?夢占いで乗り越える?
SF映画

未確認飛行物体

アメリカがUFO実証確認チームを作ったというニュースが最近流れた。これは、正式にUFO存在をアメリカ政府が認めたということなのか?その真偽は?仮に、未確認飛行物体や地球外生命体の存在があり得るなら、彼らとのコンタクトをすべきか?凄い話だ。
エッセイ

猫の見つけ方

村上春樹は、大の猫好きである。その昔、彼の猫好きについては、エッセイの『村上朝日堂ジャーナル:うずまき猫の見つけかた』に詳しい。猫に学んでみよう。
エッセイ

エッセイ哲学:片岡義男③絵画

『ブックストアで待ち合わせ』のエッセイの中で、片岡義男は、アメリカの画家について触れている。その絵画と彼らを。エドワード・ホッパー、リチャード・エステス、オードリー・フラックの3名の画家だ。
エッセイ

エッセイ哲学:片岡義男②

片岡義男はエッセイで言う。オートバイと私とが完全に一体になったとき、それこそほんとうに自分が手にしなければならない真なるものであり良きものであり、禅的なものといえる道だと。
エッセイ

エッセイ哲学:片岡義男①

片岡義男のエッセイ「ブックストアで待ち合わせ」を私のエッセイ哲学の中で、見ていく。今回は、「フォルクスワーゲンを元気に生かしつづけておくには」という記事についてだ。たった数枚の原稿用紙の文章に意味があるね。想い出もあるし。
エッセイ

エッセイ哲学:串田孫一①

エッセイや随筆を読み、自分が勝手にこれは面白いことを言っているな、フムフム、それは哲学的な発見というか指摘だなというものは残すのが大事なんじゃないかと考え、エッセイ哲学と銘打ち、それなりの記録をしていくことにした。そんな実験。
エッセイ

村上ラヂオ:エッセイを語る②

今回の村上春樹のエッセイは、村上ラヂオ。その中の記事の「かなり問題がある」と「これでいいや」について、村上春樹の話と自分の感じかたを書いてみたね。外見的なことや厳しい批判なんかについて、気になったんで。
エッセイ

村上朝日堂はいかにして鍛えられたか:エッセイを語る①

村上春樹のエッセイを読んでいると、その口調というか、雰囲気は極めてライトなのだけれど、書いている内容がフムフム((・_・D フムフム))という感じで、そうだよなと思わず手を叩くことが多い。そんなことで、今回は、そういう思いを感じさせてくれた記事を、自分の思うことも併せて、紹介しておきます。
タイトルとURLをコピーしました