unclehopper0829

テッド・チャン

顔の美醜について:テッド・チャン

人は顔の美醜を気にする。ブスとか美人とか価値判断をおこなってしまう。ルッキズム・外見判断の問題だ。誰かを美しいと思う時、自分の根源から派生しているのか。それとも、経験から得たものなのか。美とは何なのか。
アウトドア

世界無名戦士廟:俺の小旅行

自分に自信がなくなった時があると、俺は小旅行に出かける。今回は、結果、越生という町に辿り着いた。その町にあった『世界無名戦士廟』に驚く。貴重な出会いであった。
詠み人知らずの詩

僕は知っている:詠み人知らずの詩

俺の詠み人知らずの詩シリーズの第3回目。今回は、『僕は知っている』。世の中ってのは楽しいことと嫌なことのアンビバレンツな世界だよね。そんな詩かな。
詠み人知らずの詩

ひとりで 生きていく

詠み人知らずの詩を時々ここに載せておく。今回は、『ひとりで 生きていく』。
ショートショート

一人の男が

一人の男が考え始める。考えても、自分の過去の記憶があまりはっきりしない。自分の過去を知ろうとする男。その行き着く先は?
1973年のピンボール

1973年のピンボール

1973年のピンボールを再度読む。永い時間を置き過ぎた。昔サ―フェースな部分だけを見ていたのが良くわかった。村上春樹はそのテーマの深さをスタイリッシュな文章で隠していた。哀しい青春文学。過去との決別と救い。
アフターダーク

アフターダーク:村上春樹の世界

村上春樹のアフターダーク。この小説は、ある日の真夜中から朝までの7時間を17の場面で描いたもの。気になる登場人物の観点とモノから、小説をみていこう。村上春樹流の現実を超えたパートと現実パートが絡み合うストーリーで、視点を変えた実験は成功したか?

タイムパラドックスと私

タイムパラドックスと私。ある無名の人の詩。それなりに、心が痛む。何故か、切ない。だから、ここに残す。
女のいない男たち

女のいない男たち:村上春樹MonoMania

村上春樹短編集の「女のいない男たち」。人間が再スタートするためには、本当にその時に傷つかなくてはならない。場合によれば、死ぬことも。「ドライブ・マイカー」と「イエスタディ」と「独立器官」と「木野」の4つを紹介。

とても普通に生きてきたので

詩のようなアリキタリの文章の中にあるショート・ショート。「とても普通に生きてきたので」
ショートショート

ここは大変だから

ショート・ショート。『ここは大変だから』。ちょっとした、SF的な短編。情報の断絶で、人間の行動はどこまで冷静でいられるのだろうか?
国境の南、太陽の西

国境の南、太陽の西 Mono Mania

村上春樹の中期の「国境の南、太陽の西」という中編小説を小説に登場するMonoの角度から再構築してみよう。何かがわかるかな?ひとりの不完全な人間だと自覚する僕。現実的な小説。
タイトルとURLをコピーしました