絵画

絵画絵画

絵画を愛でる。絵画を観る。絵画に癒される。絵画を購入しよう。

村上隆

村上隆=ハードボイルド美術館

アーティスト「村上隆」は、アートの総合商社「カイカイキキ」を立ち上げ、アートをビジネスにしてしまった。芸術家が芸術をビジネスする世界を構築したとも言える。ポップカルチャーの申し子。
エド・ハリス

ジャクソン・ポロック=ハードボイルド美術館

ジャクソン ポロック 。アメリカ【1912-1956】。「ポアリング・ドリッピング」と呼ばれる新技法を生み出し、美術の中心といえばパリだった時代に世の人々の眼をアメリカへ向けさせたポロック。映画では、エド・ハリス。
絵画

草間彌生=ハードボイルド美術館

草間彌生、キュートでありながらカッコイイ、前衛芸術家。その作品には、愚直なほどの芸術に対する欲求がありありと映し出されています。
ノーマン・ロックウェル

ノーマン・ロックウェル

ノーマン・ロックウェル。古き良きアメリカの日常風景をユーモアやペーソスに富んだ視点で描き出し、現在も多くの人に愛されている作品を世に送り出した作家。ポストカードやポスターをお手元に是非。
ハードボイルド

野見山暁治=ハードボイルド美術館

気になる絵描きは、野見山暁治だ。ハードボイルド美術館の展示であります。大好きなアーティストのハードボイルドでクールな作品をじっくりと、観て下さい。「いつの間にか、トボケた面になったなあ」と爺画家は言う。最高。
絵画

奈良美智Withのん:ハードボイルド美術館

深夜のFMのJWAVEのラジオ放送で、女優の「のん」が芸術家『奈良美智』と対談をおこなった。これが、ナカナカ、面白かった。そこで、今回は奈良美智のハードボイルド美術館の開催。奈良美智の芸術への気持ちが解ったりして。「創作あーちすと」のんも頑張ってる。
絵画

小松美羽:ハードボイルド美術館

日本の風土が生み出すものにこだわり、生まれ育ったところの動物や近しい人の死から死生観を感じ、信州を拠点に 世界に『大和力』のメッセージを発信する新進気鋭のアーティスト小松美羽。
絵画

青木繁:ハードボイルド美術館

青木繁という画家。洋画で、日本神話を描いた画家ということになるだろうか?それとも、夭逝した天才画家か。しかし、その絵はダイナミックに迫力のあるものが多い。
中島潔

中島潔:ハードボイルド美術館

今回のハードボイルド美術館は、郷愁を誘う童画や儚げな女性画を得意とする「風の画家」として知られる『中島潔』を特集した。NHKの「みんなのうた」の絵で有名でもあります。
バルテュス

バルテュス:ハードボイルド美術館

「二十世紀最後の巨匠」と言われる画家バルテュス。彼の絵画について、このハードボイルド美術館で観ていってみようではないか。
リチャード・エステス

リチャード・エステス:ハードボイルド美術館

リチャード・エステスはニューヨークを描く。ディテールゆたかに、カラー写真と間違えるような絵を仕立てていく。リチャード・エステスはスーパー・リアリズムの画家と単純に言われる。しかし、エステスのリアリズムはその範疇を超えている。
エドワード・ホッパー

エドワード・ホッパー=ハードボイルド美術館

エドワード・ホッパーはアメリカの有名な画家だ。そして、彼の絵は、そのテーマに、タッチに、光の具合に、ハードボイルドなものが潜んでいると俺は勝手に思っている。この画家の孤独の深淵を覗けるかもしれない。渋すぎる。
タイトルとURLをコピーしました