ハードボイルド

ハードボイルド

食事とハードボイルド

レイモンド・チャンドラーの小説。フィリップ・マーロウの食事を追いかけていくと、男の食卓ってなものを考えざるを得ない。ハードでタフで皮肉屋の男には、シンプルで簡単に出来る定番の料理があれば良いのだ。
ハードボイルド

ハードボイルドとコーヒー②:マーロウと片岡義男

ハードボイルドの代表フィリップ・マーロウは、果たして、珈琲を飲むのだろうか?バーボン・スコッチ以外に。片岡義男のエッセイで綴るフィリップ・マーロウと古き良き時代のアメリカ。
スウォッチ

007 NO TIME TO DIE ノー・タイム・トゥ・ダイ

漸く公開へ。ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドは、最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』で父親になっているのだよ。驚きだ。ダニエル・クレイグの最後のボンド、だ。
スポンサーリンク
ハードボイルド

フィリップ・マーロウ③:その男、スタイリッシュにつき

フィリップ・マーロウと謂えば、酒好きで煙草のみで皮肉屋で、結構、グダグダにくたびれた感じもするのだが、実は、スタイリッシュで素敵なのである。さらば愛しき女よ,大いなる眠り,ロング・グッドバイに見るハードボイルドさ。
ハードボイルド

フィリップ・マーロウ②:その男、センチメンタルにつき

フィリップ・マーロウはセンチメンタルな男である。自分が大した男でないことを自覚し等身大のそのままの人間であることを止めない強さ。だが、クールなくせにどこか優しい。ハードボイルドの手本だが、捉えどころがない。難しい男なのである。
ハードボイルド

フィリップ・マーロウ①:その男、ハードボイルドにつき

レイモンド・チャンドラーの探偵として有名な『フィリップ・マーロウ』。フィリップ・マーロウの影響が如何に凄いかについての第1回目。今回は、拘りと映画とドラマ編。拘りは、食事・コーヒー・オフィス。
エド・ハリス

ジャクソン・ポロック=ハードボイルド美術館

ジャクソン ポロック 。アメリカ【1912-1956】。「ポアリング・ドリッピング」と呼ばれる新技法を生み出し、美術の中心といえばパリだった時代に世の人々の眼をアメリカへ向けさせたポロック。映画では、エド・ハリス。
ハードボイルド

野見山暁治=ハードボイルド美術館

気になる絵描きは、野見山暁治だ。ハードボイルド美術館の展示であります。大好きなアーティストのハードボイルドでクールな作品をじっくりと、観て下さい。「いつの間にか、トボケた面になったなあ」と爺画家は言う。最高。
アサシン映画

レオン MonoMax

レオンは不朽の名作映画。このレオンの映画に出てきたグッズを探してみよう。ジャン・レノとナタリー・ポートマンの姿が目に浮かぶ。
エドワード・ホッパー

エドワード・ホッパー=ハードボイルド美術館

エドワード・ホッパーはアメリカの有名な画家だ。そして、彼の絵は、そのテーマに、タッチに、光の具合に、ハードボイルドなものが潜んでいると俺は勝手に思っている。この画家の孤独の深淵を覗けるかもしれない。渋すぎる。
ハードボイルド

ブルックスブラザース(ハードボイルド小説)

ブルックスブラザース風とは何か?それは、グレイかダークブルーの三つボタンのすっきりとしたスタイルで、秋冬ならフラノかサキソニー、春夏ならトロピカルといったような生地で作る。そして、最大の発明はボタンダウンシャツだろう。
ハードボイルド

ハードボイルドの心

ハードボイルドの心とはいったい何だろうか。心の中心にあるのは、タフさか、優しさか、正義感か。自分の持つルールは何だろうか?自分はそのルールを、揺らぐことなく、忠実に守り通しているだろうか?そこにこそ、ハードボイルドな心があるような気がするね。
タイトルとURLをコピーしました