小説

小説小説

小説の中に出てくるモノに出会うことで、小説をより自分の近くに置こう。

ハードボイルド

女との会話とハードボイルド

レイモンド・チャンドラーの乾いた文章の中に、とてつもなく温かい心が隠れている。ハードボイルドの心。今回は、マーロウと女との間に流れる会話を拾って、みてみよう。
ハードボイルド

マネーとハードボイルド

金(マネー)が関係するから、事件が起きて、そして、ハードボイルドにもなる。「ロング・グッドバイ」と原尞の「そして夜は甦る」。フィリップ・マーローと探偵沢崎。金が絡んでも、クールだ。
ハードボイルド

食事とハードボイルド

レイモンド・チャンドラーの小説。フィリップ・マーロウの食事を追いかけていくと、男の食卓ってなものを考えざるを得ない。ハードでタフで皮肉屋の男には、シンプルで簡単に出来る定番の料理があれば良いのだ。
スポンサーリンク
サイモンとガーファンクル

四月になれば彼女は

何故、今頃、川村元気の『四月になれば彼女は』なのか?こんな閉塞した世界だからこそ、この本で、愛と恋を通じて人間の精神関係の脆さと強さを学ばねばならないのだろうか?
ハードボイルド

ハードボイルドとコーヒー②:マーロウと片岡義男

ハードボイルドの代表フィリップ・マーロウは、果たして、珈琲を飲むのだろうか?バーボン・スコッチ以外に。片岡義男のエッセイで綴るフィリップ・マーロウと古き良き時代のアメリカ。
小説

料理と映画(その3)

南極料理人。南極での食生活にはさまざまな知恵やヒントが詰まっていた。コロナ禍のこういう時代だからこそ、使える。南極という閉ざされた世界と人との接触を避けて極力家から出ないという世界は精神的に同じようなものかもしれない。
ハードボイルド

フィリップ・マーロウ①:その男、ハードボイルドにつき

レイモンド・チャンドラーの探偵として有名な『フィリップ・マーロウ』。フィリップ・マーロウの影響が如何に凄いかについての第1回目。今回は、拘りと映画とドラマ編。拘りは、食事・コーヒー・オフィス。
ショートショート

この麗しき事務所(1)

『この麗しき事務所』という小説の開始。
エッセイ

夢の中で:夢占い

貴方はどんな夢を見ますか?幸せな夢を見れますか?そうでなかったら、どうしますか?夢占いで乗り越える?
テッド・チャン

顔の美醜について:テッド・チャン

人は顔の美醜を気にする。ブスとか美人とか価値判断をおこなってしまう。ルッキズム・外見判断の問題だ。誰かを美しいと思う時、自分の根源から派生しているのか。それとも、経験から得たものなのか。美とは何なのか。
1973年のピンボール

1973年のピンボール

1973年のピンボールを再度読む。永い時間を置き過ぎた。昔サ―フェースな部分だけを見ていたのが良くわかった。村上春樹はそのテーマの深さをスタイリッシュな文章で隠していた。哀しい青春文学。過去との決別と救い。
アフターダーク

アフターダーク:村上春樹の世界

村上春樹のアフターダーク。この小説は、ある日の真夜中から朝までの7時間を17の場面で描いたもの。気になる登場人物の観点とモノから、小説をみていこう。村上春樹流の現実を超えたパートと現実パートが絡み合うストーリーで、視点を変えた実験は成功したか?
タイトルとURLをコピーしました