2020-05

立原道造:ハードボイルド詩集館

24歳の若さで死んだ立原道造の詩。堀辰雄やリルケに傾倒。繊細・純粋で、音楽的な抒情詩を書いた。
時計

グランドセイコーと竹野内豊

グランドセイコーと竹野内豊。彼が語る。とにかくシンプルで見やすい。さりげないのに存在感がある。そしてなにより正確。この時計は自動巻きですが、クオーツと遜色ないくらい正確。絶対的な信頼感、安心感があります。
小松菜奈

新川和江:ハードボイルド詩人館

ただただ、新川和江。優しく生きていく意味を問う彼女の詩から。何故か、何故なのか。その詩の言葉でメランコリックに切なくなるのは。
中桐雅夫

中桐雅夫:ハードボイルド詩人館

中桐雅夫。詩人。その詩集、『会社の人事』。なんだろう、彼の詩はサラリーマンの気持ちを代弁しているのか?その切なさが何とも良い。貴方も是非読んでみるべきだ。殆ど、絶版だが。
田村隆一

田村隆一:ハードボイルド詩人館

ハードボイルドの詩人と言ったら、この人をおいて居ないだろう。田村隆一。クールでハードボイルドな固いかたまりのような詩が多い。そして、いつも死が後ろにあって、皮膚や心を痛めつけている感じだ。
三好達治

三好達治:ハードボイルド詩人館

近頃は、昔と違って、詩人と漫画がコラボする。今回は、三好達治と漫画『ミステリと言う勿れ』のクロスオーバーだ。
中島潔

中島潔:ハードボイルド美術館

今回のハードボイルド美術館は、郷愁を誘う童画や儚げな女性画を得意とする「風の画家」として知られる『中島潔』を特集した。NHKの「みんなのうた」の絵で有名でもあります。
アサシン映画

レオン MonoMax

レオンは不朽の名作映画。このレオンの映画に出てきたグッズを探してみよう。ジャン・レノとナタリー・ポートマンの姿が目に浮かぶ。
バルテュス

バルテュス:ハードボイルド美術館

「二十世紀最後の巨匠」と言われる画家バルテュス。彼の絵画について、このハードボイルド美術館で観ていってみようではないか。
時計

パネライPANERAIの時計の魅力

パネライの時計はアクション映画及びアクション俳優に人気の時計と言えるようです。個別に具体的にみていきましょう。シルベスター・スタローンとジェイソン・ステイサム。パネライが関係した映画と時計。
リチャード・エステス

リチャード・エステス:ハードボイルド美術館

リチャード・エステスはニューヨークを描く。ディテールゆたかに、カラー写真と間違えるような絵を仕立てていく。リチャード・エステスはスーパー・リアリズムの画家と単純に言われる。しかし、エステスのリアリズムはその範疇を超えている。
エドワード・ホッパー

エドワード・ホッパー=ハードボイルド美術館

エドワード・ホッパーはアメリカの有名な画家だ。そして、彼の絵は、そのテーマに、タッチに、光の具合に、ハードボイルドなものが潜んでいると俺は勝手に思っている。この画家の孤独の深淵を覗けるかもしれない。渋すぎる。
タイトルとURLをコピーしました