不良中年は楽しい

エッセイ
スポンサー広告

嵐山光三郎と出会う

嵐山光三郎。

この作家には青森空港で見かけたことがある。まだ、TDA(東亜国内航空)の飛行機が飛んでいた頃で、確か夏だったはずだ。

その時、彼は、確か、パナマ帽に、パパスのアロハシャツに、綿の夏の白いコットンパンツで、口髭を蓄え、サングラスをかけ、歩いていた。

肩に、革のボストンバッグを持って。かなり、粋な格好だったのを覚えている。

どう見ても、タダモノではない。顔色も日焼けして、血色の良いこと。

こやつ、やるな、という感じだし、目立っていた。浮いていた。

こいつ、本当に、不良中年を遊んでいるなという感じだったな。

こやつの作品 老いてこそ

この男、老いてから、益々、元気。作品を精力的に発表し続けている。

中年どころか、老年になって、ここまで本を出すかと言うくらい、凄い。

精力絶倫である。老いてからの頑張りぶり、絶句。

この男、エッセイだけでも不良定年に移行し、今では追悼文エッセイまで書いている。

死に方も不良を極めるべしと言うことか?

嵐山光三郎の何たるか

話は戻るが、その時、「不良中年は楽しい」というエッセイは前から読んでいたので、すぐに彼だと分かった。そして、彼のエッセイの意味や事実が本人を見て、すぐに理解できたのだった。

エッセイには、嵐山のしてきたことが書かれている。雑誌編集長になり、テレビに出て、ギャンブルにのめり込み、株をやり、ビンボーになりコジキもやり、作家にもなった。

不良の条件

この男の言う不良の条件が面白い。

1.不良オヤジはギャンブル魂を飼いならせること。

2.不良オヤジは、老いては色欲に従う。

3.不良オヤジは、放浪する。

4.不良オヤジは先人の不良オヤジに学ぶべし。

ギャンブル

ギャンブルは人生の教科書と彼は言う。

そして、阿佐田哲也に学び、勝負の極意を知る。

50を過ぎたら、競馬より競輪。

故棋士芹沢博文を愛する。

不良オヤジの色欲の大先輩は、永井荷風であり、川端康成だ。

太宰治、坂口安吾、檀一夫等々、文人の不良は沢山いる。

近いところでは、深沢七郎だな。

このあたりのことは嵐山は自分の著書でも述べている。

放浪

不良中年オヤジの放浪の理想的なオヤジが、松尾芭蕉だ。奥の細道だ。かなりのワルだった。

この芭蕉を真似たのが、与謝野蕪村と小林一茶。放浪し、句を詠む。

しかし、西行やゴーギャンこそが、放浪の天才かもしれない。

彼らの本が中年のバイブルかもね。

放浪

嵐山光三郎は放浪長じて、旅行と温泉紀行のエッセイシストでもある。

嵐山のような旅行をしてみたいものです。

それに、旅先で焚火も是非したいものだな。

それって、自由と放浪の感じがしませんか?

死、そのものも不良中年オヤジである光三郎のテーマでもある。

そういう感じで、嵐山光三郎は中年オヤジ~老年オヤジ~死にいたるオヤジというキイワードを路線にモノを書いている。

面白い存在だ。

中年オヤジへの20の箴言

最後に、嵐山の中年オヤジへのための

20の箴言を書いておこう。

①なれぬことはするな

②威張らない

③自慢しない

④分析しない

⑤怒らない

短髪にする

⑦上等の服を着ろ

⑧靴も上等⑨時計は安物でいい

⑩金離れをよくする⑪温泉

⑫女を理解するな⑬泣くな

⑭やせがまん⑮年増女がいい女である

⑯口説きは迅速に

⑰負けてこそギャンブル

⑱宗教を信じるな

⑲自分の力を信じる

⑳孤立を怖れるな

「不良中年」は楽しい:嵐山光三郎
面白い映画・小説・漫画ハードボイルドライフ
人生のためになる映画と小説と漫画と俺の何か

コメント

タイトルとURLをコピーしました