フィリップ・マーロウ①:その男、ハードボイルドにつき

ハードボイルド
スポンサー広告

フィリップ・マーロウ

レイモンド・チャンドラーの探偵として有名な『フィリップ・マーロウ』について、記述するシリーズ。この男、今の探偵小説の全ての原点にもなっている男。探偵沢崎にしても、ポール・オースターの探偵にしても、このフィリップ・マーロウが存在しなくては始まらなかったのである。村上春樹も原尞も東直己も、日本の小説家の渋い奴らもフィリップ・マーロウに影響されている。そのくらいに、魅力のある男。フィリップ・マーロウ。

今までに、どれくらい、フィリップ・マーロウを意識して書いてきたろうか。

彼。身長6フィート強、体重190ポンド、髪はダーク・ブラウン、眼ブラウン。好男子で一見屈強に見えないが、事によっては腕力沙汰も辞さない。ロスアンゼルス・ハリウッド大通りに事務所を持つ私立探偵。独身。ヘビースモーカーで煙草は主にキャメル。辛口の酒を好む。コーヒーの淹れ方はには、少々うるさい。そのハードボイルド精神は「タフでなくては生きていけない、やさしくなければ生きている資格がない」の名セリフに。

拘りのある男

どの本にもある彼の紹介の一例である。こういうハードボイルドな男。色々な局面で、彼は拘りを持っている。それに関しても、私のブログで幾つかの紹介をしている。

食事

食事の面では、こんな感じだ。

食事とハードボイルド
レイモンド・チャンドラーの小説。フィリップ・マーロウの食事を追いかけていくと、男の食卓ってなものを考えざるを得ない。ハードでタフで皮肉屋の男には、シンプルで簡単に出来る定番の料理があれば良いのだ。

コーヒー

コーヒーについては、フィリップ・マーロウの拘りは更に凄い。コーヒーとの日常生活を1つの絵にした男。フィリップ・マーロウ。

コーヒーとハードボイルド
ハードボイルドの重要な脇役は決してウィスキーだけじゃないぞ。このコーヒーだって、十分に脇役を演じているんだ。レイモンド・チャンドラーのフィリップ・マーロウを参考にしてみようではないか。勉強になるぞ。クールに生きるには。

オフィス

ハードボイルドの探偵の重要なアイテムは、何と言っても、そのオフィスに尽きるであろう。そこにこそ、本当の探偵の心が潜んでいる。そして、フィリップ・マーロウ。

オフィスとハードボイルド
ハードボイルド小説の主人公である探偵にとって、オフィスは大変重要なアイテムであることは間違いない。オフィスとハードボイルドについて、好きな文章を紹介していこう。紹介先は、いつものレイモンド・チャンドラー小説のフィリップ・マーロウと原尞の探偵沢崎のオフィス渡辺探偵事務所にしようではないか。

関係する映画とドラマ

フィリップ・マーロウを簡単にわかるために今観るとしたら、映画とドラマは、次のものかな?

ロング・グッドバイ

レイモンド・チャンドラーの名作『ロング・グッドバイ』はアメリカと日本の2つの映画とドラマを観ることをお勧めする。エリオット・グールドと浅野忠信がフィリップ・マーロウをいい感じでそれぞれの個性で演じている。ハンフリー・ボガードとかロバート・ミッチャムとかの有名俳優の演じたフィリップ・マーロウも良いが、こういう二人のフィリップ・マーロウは味のあるハードボイルドさが更に際立っている感じだ。必見かな。

ロング・グッドバイ〈CCジンジャー・エディション〉 [Blu-ray]

解説
レイモンド・チャンドラーが生んだハードボイルド小説の最高傑作を、名匠 ロバート・アルトマンが独自の解釈で映像化! 全米公開から45年、今なおカルト的な人気を誇る異色作が、特典映像満載で日本初Blu-ray化!
日本では「長いお別れ」(清水俊二 訳)として親しまれ、2007年には村上春樹の新訳版「ロング・グッドバイ」が出版されて新たな読者を獲得したレイモンド・チャンドラーの「The Long Goodbye」は、ハードボイルド小説として随一の人気を誇る傑作である。1950年代を舞台としたこの物語に、ロバート・アルトマンは70年代的なアレンジを加え、独自の解釈で映画化。賛否の別れる異色作となったが、一方で熱心なファンを獲得した。主人公の私立探偵フィリップ・マーロウを演じるのは、『M★A★S★H マッシュ』『ナッシュビル』といった一連のアルトマン作品や、『破壊! 』『カプリコン・1』などで知られ、70年代当時は「TIME」誌の表紙を飾るほどの人気を博したエリオット・グールドだ。
日本初のBlu-ray化に際し、90分以上の特典映像を収録。特典DISCには、アルトマン監督とグールド自らが本作を語る“リップ・ヴァン・マーロウ”を始め、撮影のヴィルモス・ジグモンド、アルトマンのドキュメンタリーを製作したデイヴィッド・トンプソン、チャンドラーの伝記作家トム・ウィリアムス、犯罪小説作家・評論家のマクシム・ジャクボウスキーといった関係者や識者が、あらゆる角度から作品の魅力を解説するインタビュー映像が。本編DISCには、根強いファンの多い「月曜ロードショー」版日本語吹替音声も収録している。

●物語
ある朝、私立探偵フィリップ・マーロウは警察に身柄を拘束された。彼の友人 テリー・レノックスが妻を殺害し、逃亡―マーロウがそれを手助けしたと疑われてのことだった。厳しい尋問をだらだらとやりすごしていたマーロウだったが、思いがけず釈放されることに。聞けば、レノックスは妻殺しを自白する遺書を残し、自殺したのだという。釈然としない思いを抱えるマーロウ。そんな彼のもとに、失踪した人気作家ロジャー・ウェイドの行方を捜してほしいという依頼が。調査に乗り出したマーロウは、意外な事実に出くわし…。

商品説明

ロング・グッドバイ ブルーレイBOX [Blu-ray]

ハードボイルドの最高傑作「ロング・グッドバイ」日本初のドラマ化。1950年代半ばの東京。私立探偵・増沢磐二が、妻殺しの容疑をかけられ消えた親友・原田保の無実を信じて真相に立ち向かう。全5回を収録したBlu-ray3枚組。

孤高の探偵が一人の男と出会ったとき、事件は静かに幕を開ける・・・。

商品説明

探偵はバーにいる

大泉洋の個性で勘違いしてしまうかもしれないが、東直己のススキノ探偵シリーズの主人探偵は、札幌版のフィリップ・マーロウなのである。レイモンド・チャンドラーのフィリップ・マーロウはここにしっかりと存在していた。但し、そこまで、孤独で孤高ではないが。

札幌・ススキノ。探偵はいつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話がかかる。探偵は簡単な依頼だと思い引き受けたが、その直後に拉致され、雪に埋められ、半殺しの目に遭ってしまう。そこに再び“コンドウキョウコ”から電話が…。その依頼を渋々こなし、自力での報復に動き出した探偵と高田は、次第に事態の核心に触れていく。その過程で浮かび上がる、沙織という謎の美女と大物実業家・霧島の存在。そして、探偵は4つの殺人事件にぶつかる…原作:東直己 ススキノ探偵シリーズ「バーにかかってきた電話」(ハヤカワ文庫)

内容紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました