モノ知り『めぞん一刻』

めぞん一刻

めぞん一刻のムック本は貴重だし、安く買える今。読んで、めぞん一刻の哲学と愛を深めようではないか。人生が何となく幸せになるぞ。

スポンサー広告

めぞん一刻 一刻館の人々 (My First Big SPECIAL) ムック 

めぞん一刻の重要な脇役である住人達についてのあるあるムック本。貴方の人生における脇役達と比べて、どうですか?人生って、当たり前ですが、自分の周りの親しい脇役で多かれ少なかれ、味付けが変わっていきますよね。個性的で独善的だけど、憎めない味付けをしてくれるこの人達を見逃すことは出来ない!!

どうしてもほしくてネットで探していると
アマゾンで見つけて、即注文しました(笑)
もともとめぞん一刻は大好きなので
何度も読み返してしまいます。

カスタマーレビュー

一刻館の思い出 (日本語) オンデマンド (ペーパーバック)

記述している「めぞん一刻住民会議」のメンバーたちのめぞん一刻に対する愛情のもと、「めぞん一刻」の内容の深みが解る本。これを読むと、更に漫画が楽しくなるね。

一昔前に流行した、いわゆる「謎本」の類です。
まぁ、内容云々というより、これを読んで、書いてあることにツッコミを入れつつ、また原作を読んで楽しむ、という、いい意味で謎本らしい楽しみ方ができる本です。
おそらく本文は複数の方が合同で書いておられるのでしょうが、その分析、着眼点、考察といったところには高いインテリジェンスが感じられ、私が読んだことのあるいくつかの「謎本」の類の中でも、これは一級品だと思います。

カスタマーレビュー

めぞん一刻 管理人さん (My First Big SPECIAL) ムック

響子さんこそが全ての愛の原点。めぞん一刻の重要なところに踏み込むムック本。

響子さーん!!

どこを探してもなかった本!!!だったので
アマゾンで買うことができて本当によかったです。
響子さんのことがよくわかる1冊だと思います。
めぞん一刻好きにはたまりません

カスタマーレビュー

めぞん一刻 桜の木の下で (My First Big SPECIAL) ムック 

「めぞん一刻」における愛の成行と到達地点までが良く判る本。人を愛するってことと人を大事にするってことの意味を何故か教えてくれるムック本。

もうめぞん一刻のコアの部分からの特集号ですね。
もう絶対保存版です。

カスタマーレビュー

めぞん一刻 案ずるより (My First Big SPECIAL)  ムック

五代の愛されキャラと女子高生八神いぶきの恋。そして、響子さんとの愛の嫉妬の嵐。人生のそれなりの生き様と想いにとても大事なのは強力なライバルであり、そこから学ぶことは意外と多いのである。

めぞん一刻 初めてのキス (My First Big SPECIAL)  ムック 

どんな恋でも、最初の繋がりの一瞬があるのだ。

めぞん一刻 恋の罠 (My First Big SPECIAL) ムック

五代と三鷹。こういう二人の男って、本当に良いですね。お互いに出し抜こうとしているのに、どこか二人ともドジで、実にとても純粋で素直。そこにあるのは、悪ではなく、善なんだよね。人は本当の意味で人を貶めてはいけない。その紳士のルールが守られている「めぞん一刻」。

めぞん一刻 [DVD]

古びた木造アパート一刻荘の住人たち(伊武雅刀、藤田弓子、宮崎美子)は、揃いも揃って奇妙な人物ばかりで、まったく勉強がはかどらない浪人生の五代(石黒賢)は一刻荘を出て行くことを決意。しかし、そこに若き未亡人の音無響子(石原真理子)が管理人として住み込むことになり、響子に一目ぼれしてしまった五代は、そのまま一刻荘に留まるのだが……。
   80年代に一世風靡した高橋留美子の人気名作コミックを『Wの悲劇』『早春物語』の名匠・澤井信一郎監督のメガホンで映画化した青春ラブコメディ。凝った美術や、いきなりミュージカルシーンが入るなど、映画的であることを多分に意識した作りになっており、そのため公開時は多くの原作ファンを戸惑わせてしまった部分もあるが、キャスティングは原作の雰囲気をうまく踏襲しており、今観直すとなかなか摩訶不思議で楽しい異色青春映画として再評価されよう。ギルバート・オサリバンの「ハロー・アゲイン」がエンディングに用いられ、映画の後味を一段と好もしくしている。

めぞん一刻 TV シリーズ スペシャルプライス版 [Blu-ray]

最高のカスタマーレビューだね。とても、ジーンとくる感想。そうなんだよね。めぞん一刻の持つ意味。個々人の人生を色んな意味で、オーバーラップするんだよね。凄い漫画なのだよ。

小生、五代くんと同じ20代の頃は、同じように極貧で大変苦労しました、この作品を見ると、あの頃の純粋な気持ちが蘇って来て、当時待ち続けた女性を思い出します。
40歳となり、三鷹さんより裕福で、金で欲しい物は全て入手してますが、人生で一番好きになった女性とは一緒になれませんでした。
結果は自分が招いたんでしょうね・・・心が汚れてしまっています。
改めて作品を見ていると、「あれ、笑顔になっている」「感動して涙が出ている」「誰かに優しくしたい」って昔の自分を取り戻したくなりました!
本当に「裕作くんの勝ちです」・・・リアルでは叶わなかった、素晴らしい恋愛物語を、是非とも皆様見て下さい。
また一人でも多くの人が幸せになれますように。

カスタマーレビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました