2022-01

サイモンとガーファンクル

四月になれば彼女は

何故、今頃、川村元気の『四月になれば彼女は』なのか?こんな閉塞した世界だからこそ、この本で、愛と恋を通じて人間の精神関係の脆さと強さを学ばねばならないのだろうか?
ハードボイルド

ハードボイルドとコーヒー②:マーロウと片岡義男

ハードボイルドの代表フィリップ・マーロウは、果たして、珈琲を飲むのだろうか?バーボン・スコッチ以外に。片岡義男のエッセイで綴るフィリップ・マーロウと古き良き時代のアメリカ。
エッセイ

小説家の新しい生活様式

コロナ禍での小説家の新しい生活様式ってどうなのよ?ということが気になったのであった。彼らは意外に歩いていたのであった。その意味するところは何なんだろうね。小説家とウォーキング。
タイトルとURLをコピーしました