谷川俊太郎恋愛詩③:ハードボイルド詩集館

スポンサー広告

みみをすます

谷川俊太郎の詩で恋愛系でそして「ひらがな詩」になった作品の中で、一番輝いている作品は、多分、この詩集「みみをすます」の中の、「あなた」だろう。

「みみをすます/きのうの/あまだれに/みみをすます」すべての人の心にそっと入りこむ和語のしなやかなリズム。日本ではじめての暗誦に耐えうる長編平仮名詩集。

内容紹介

ただただ、行数の多い、ひらがなだけの詩。それは、あたかも、子供達に音読してみて欲しいと願っているような作品で、そして、とても、深い哲学的な要素も入っている抒情詩でもあって、言葉にしたらとても心が零れ落ちてくるような愛の歌でもあるのだ。

とにかく、読んでみることだ。それから、だ。

あなた

あなたは

だれ?

わたしではない

あなた

あのひとでもない

あなた

もうひとりのひと

わたしとおなじような

みみをもち

わたしとちがうおとを

きくひと

わたしとそっくりの

じゅっぽんのゆびをもち

わたしにはつかめないものを

つかもうとするひと

あなた

あなたは

たっている

まなつのひをあびて

うみにむかって

わたしにせをむけて

あなたはみつめる

とおい

すいへいせんを

あなたの

こころには

わたしのみたことのないまちの

わたしのあるいたことのない

こみちがつうじている

そのこみちに

いま

しずかにゆきがふりつもり

わたしのあったことのないひとが

こっちへはしってくる

そのひとが

あなたにむかって

なんとさけんだのか

わたしはけっして

けっしてしることはない

そのばん

あなたのためにうつったもの

だいどころの

かたすみの

あるみにうむの

なべの

ひかり

こたつのうえに

ひらかれている

うみのむこうからとどいた

いっつうの

てがみ

あなたがあいし

あなたをあいする

ひとつのほおに

つたう

なみだ

それをわたしは

みなかった

だからわたしは

あなたではない

たとえいつか

あなたが

わたしの

いちばんのともだちに

なるとしても

たとえいつか

あなたがわたしに

おもいでのすべてを

かたるとしても

あなたはだれ?

もうひとりのひと

わたしとおなじ

くろいかみをして

わたしとよくにた

ふたつのひとみで

わたしのみえぬものを

みるひと

あなたは

わらっている

しろいはをきらめかせて

わたしが

くちをつぐむとき

わたしのてから

だいすきなぬいぐるみを

ひったくり

あなたのいきに

どろっぷのにおいがする

こんなちかくにいるのに

かぎりなく

あなたは

とおざかり

うちゅうじんのようなかおで

あなたは

わらっている

どうして

そんなにも

ちがうのか

あなたのはなは

わたしのはなではない

あなたのくちは

わたしのくちではない

あなたのこころは

わたしのこころではない

あなたをぶったとき

いたかったのは

わたしではない

あなたのはいてるくつは

いつどこでかったのか

ゆうべあなたのみたゆめは

どんなゆめだったのか

あなたは

だれ?

あなたのふむすなは

わたしのふむすなと

つながっている

あなたのうえにも

わたしのうえにも

おなじしろいくもがうかんでいる

あなたのみるうみも

わたしのみるうみも

はいいろにくれてゆく

それなのに

いま

このしゅんかんにも

あなたと

わたしは

べつべつのことをおもう

わたしはあなたになれない

そのことの

かなしみのあまり

わたしがあなたを

だきしめるとしても

わたしとあなたが

いつか

おなじひとつのりゆうで

なみだをながすとしても

あなたのゆびの

しもんと

わたしのゆびのしもんが

ちがうように

あなたは

わたしとはちがう

もうひとりのひと

あなたは

だれ?

あなたのいってしまったあと

あなたのすてていった

ぬいぐるみが

すなのうえに

ころがっている

そして

わたしはきづく

わたしがもう

そのぬいぐるみを

すきでなくなっていることに

あなたはだれ?

わたしに

うそをつくひと

わたしを

あざわらうひと

わたしを

くるしめるひと

わたしもきっとあなたに

うそをつき

わたしもきっとあなたを

あざわらい

くるしめている

わたしはだれ?

あなたにとって

おなじあかいちのながれているひと

おなじことばをはなすひと

はるかむかし

おなじうみのそこから

ゆっくりとうまれてきたひと

それなのに

わたしでないひと

あなた

けれどももし

あなたとであわなかったら

わたしはいない

あなたと

いいあいをしなかったら

わたしのことばは

むなしくそらにきえる

あなたをぶたなかったら

わたしは

ひとりぼっち

あなたはだれ?

いってしまったあとも

わたしのこころに

いるひと

コメント

タイトルとURLをコピーしました