ショートショート

ショートショート

一人の男が

一人の男が考え始める。考えても、自分の過去の記憶があまりはっきりしない。自分の過去を知ろうとする男。その行き着く先は?
ショートショート

ここは大変だから

ショート・ショート。『ここは大変だから』。ちょっとした、SF的な短編。情報の断絶で、人間の行動はどこまで冷静でいられるのだろうか?
ショートショート

猪狩進太郎のそれ

猪狩進太郎という架空の人物を通じて、今のこの社会のことや生活や人生や幸せや健康や死や友達やお金や趣味や生きがいやその他諸々のことについて、考えてみる。そう、猪狩進太郎からわかる人生のことなのだ。
ショートショート

あっちの手前:ショートショート

俺は赤いフォルクスワーゲンビートルが好きだった。そして、俺はもしかしたら、今の命を、この車に助けてもらったのではないかと近頃、本気で思っている。
ショートショート

雷に遭いに行く:ショートショート

俺は決めた。夏も真っ盛りなので、俺は決めた。決定的に決めてしまった。雷に遭いに行くことに決めたのだ。今までにしたことのないようなことをすること。それが本日の星座占いだった。
ショートショート

美人の向こう側:ショートショート

ショートショートの作品。時々、真実なのか嘘なのか、わからない時がある。事実は小説よりも奇なのか。女性は髪があるだけで絵になる。髪で雰囲気を作れるということは、どんなに素晴らしいことだろうか。嘘のような本当の話。
ショートショート

ソラ:ショートショート

ショートショート。イケメンだけど、とても性格の良い男の話。今回は、ストレートに描いてみたね。今そこに彼がいたらどうなるの?っていう感じでね。
ショートショート

ポッド4:ショートショート

彼はついに、シラカミを降りるのか。500年前の世界はどうなっているのか。少しずつ、彼の今と未来が判ってくる。物語は勝手に動き始めた。ような気がする。
ショートショート

焚火:ショートショート

彼のショートショートは、3回目。夏に似合う男の子は、当分、夏に頑張ってもらいましょう。今回は眼鏡の彼を意識してみた。吉川晃司のBonfireとリミックスさせてもみる。こういう設定ありかも。彼にはどんな役も似合う。
ショートショート

ポッド3:ショートショート

ショート・ショート。一番最初に書いたショート・ストーリー『ポッド』の続編。ポッドを降りた彼は、シラカミさまの山の中で過ごす。そこに流れた時間は彼にとって、何だったのか?
ショートショート

The Boys of Summer:彼のショートショート②

彼のショートショートの2回目を開催。前回も夏的シーンであったので、今回も夏のイメージで自動筆記をしてみよう。バックミュージックは、ドン・ヘンリーの『The Boys of Summer』だ。
ショートショート

Of Missing Persons:ショートショート⑤

今回のショートショートは、ジャクソン・ブラウンの曲と横浜流星のイメージが交錯するような世界。深夜の都会の中の隠れたバー。女との会話。それだけの設定。座長を待つためにだけ書いてます。たとえ、公演が失われても。
タイトルとURLをコピーしました