レイモンド・チャンドラー

ハードボイルド

食事とハードボイルド

レイモンド・チャンドラーの小説。フィリップ・マーロウの食事を追いかけていくと、男の食卓ってなものを考えざるを得ない。ハードでタフで皮肉屋の男には、シンプルで簡単に出来る定番の料理があれば良いのだ。
ハードボイルド

ハードボイルドとコーヒー②:マーロウと片岡義男

ハードボイルドの代表フィリップ・マーロウは、果たして、珈琲を飲むのだろうか?バーボン・スコッチ以外に。片岡義男のエッセイで綴るフィリップ・マーロウと古き良き時代のアメリカ。
ハードボイルド

フィリップ・マーロウ③:その男、スタイリッシュにつき

フィリップ・マーロウと謂えば、酒好きで煙草のみで皮肉屋で、結構、グダグダにくたびれた感じもするのだが、実は、スタイリッシュで素敵なのである。さらば愛しき女よ,大いなる眠り,ロング・グッドバイに見るハードボイルドさ。
ハードボイルド

フィリップ・マーロウ①:その男、ハードボイルドにつき

レイモンド・チャンドラーの探偵として有名な『フィリップ・マーロウ』。フィリップ・マーロウの影響が如何に凄いかについての第1回目。今回は、拘りと映画とドラマ編。拘りは、食事・コーヒー・オフィス。
ハードボイルド

オフィスとハードボイルド

ハードボイルド小説の主人公である探偵にとって、オフィスは大変重要なアイテムであることは間違いない。オフィスとハードボイルドについて、好きな文章を紹介していこう。紹介先は、いつものレイモンド・チャンドラー小説のフィリップ・マーロウと原尞の探偵沢崎のオフィス渡辺探偵事務所にしようではないか。
ハードボイルド

女との会話とハードボイルド

レイモンド・チャンドラーの乾いた文章の中に、とてつもなく温かい心が隠れていることがわかって、それも、とても、嬉しいのだ。そこで、今回は、マーロウと女との間に流れる会話を拾って、みてみよう。
ハードボイルド

コーヒーとハードボイルド

ハードボイルドの重要な脇役は決してウィスキーだけじゃないぞ。このコーヒーだって、十分に脇役を演じているんだ。レイモンド・チャンドラーのフィリップ・マーロウを参考にしてみようではないか。勉強になるぞ。クールに生きるには。
タイトルとURLをコピーしました