バルテュス:ハードボイルド美術館

バルテュス

近頃、『ベンチシート上のテレーズ』がニューヨークのクリスティーズでオークションに出品され、バルテュスの作品として過去最高額である1900万2500ドル(約21億円)で落札された。その画家であるバルテュスについて、少しだけ、触れてみようではないか。

スポンサー広告

略歴

Balthus. / Fundación Balthus
出典:https://i.pinimg.com/474x/5c/4f/e0/5c4fe02022bee5a14c7b7693e4e465bf.jpg

バルテュス(Balthus, 1908年2月29日 – 2001年2月18日)は、フランスの画家。本名はバルタザール・ミシェル・クロソウスキー・ド・ローラ (Balthasar Michel Klossowski de Rola)。

ピカソに「二十世紀最後の巨匠」と称えられた。

父親・ローラ紋章のエリク・クウォソフスキは東プロイセン・ラグニットのシュラフタ(ポーランド貴族)で、母親エリーザベト・シュピーロはノヴゴロドに起源をもつブレスラウ(ヴロツワフ)生まれのロシア・ユダヤ人。

ほとんど独学で絵を描いたバルテュスは、ルーヴル美術館で古典絵画の巨匠たちの作品を模写したが、なかでもピエロ・デラ・フランチェスカの影響が大きいとされる。古典を消化した、堅固な構成と繊細な描法でモニュメンタルな女性や少女像を多く描いたが、活動当初はシュルレアリスムや表現主義の全盛期であったため、作品の売り込みに苦労したバルテュスは一時衝撃的な題材を描き、話題集めに苦心した。

Wikipedia一部伐採

日本人の奥さん

LUMA Arles - Mr. P on Instagram: “The Painter Balthus and his wife Setsuko in their wooden hut of Rossinière, Switzerland, 1998 by Henri Cartier-Bresson #balthus…”
出典:iamjapanese.tumblr.com

1962年、パリでの日本美術展の選定のために訪れた東京で、当時20歳だった出田節子(いでたせつこ)と運命的な出会いをした。当時、離婚していなかったし、フランス中部・シャシー村の城館で8年間も生活をともにしてモデルを務めた義理の姪フレデリック・ティゾン(Frédérique Tison)もいた。節子とは1967年に結婚した。節子夫人も画家であり、2人の間には1973年に誕生した娘春美(ハルミ・クロソフスカ=ド=ローラ、ジュエリーデザイナー)がいる。バルテュスの生前、本人の意志により夫人は基本的に和服であった。

Wikipedia
バルテュス絵画画像 に対する画像結果
出典:https://ameblo.jp/ashhrr/entry-11860487678.html

ハードボイルド展覧会

Thérèse Dreaming(夢見るテレーズ)

《夢見るテレーズ》1938年
出典:https://www.artpedia.asia/balthus/

憂鬱

出典:blog.goo.ne.jp

ベンチシートの上のテレーズ

ソース画像を表示
出典:https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/9741

The Game of Patience

Balthus. Part 3 – Antoinette de Watteville and exile – my daily art display
出典:blog.goo.ne.jp

マンドリンと少女(未完)

ソース画像を表示
出典:https://blog.goo.ne.jp/teinengoseikatukyoto/e/d05390148e8362763c4a56870ca2f5b0

図録 バルテュス展 東京ステーションギャラリー 1993

バルテュス関係資料

Balthus: Cats and Girls (英語) ハードカバー – 2013/10/29
Balthus’s lifelong curiosity with the ambiguities and dark side of childhood resulted in his best-known and most iconic works. In these pictures, Balthus (1908-2001) mingles intuition into his young sitters’ psyches with overt erotic desire and forbidding austerity, making them among the most powerful depictions of childhood and adolescence ever committed to canvas. Often included in these scenes are enigmatic cats, possible stand-ins for the artist himself.Balthus: Cats and Girls is the first book devoted to this subject, focusing on the early decades of the artist’s career from the mid-1930s to the 1950s. Drawing on extensive knowledge of the artist’s life and work, as well as on interviews with Balthus and the models themselves, Sabine Rewald explores the origins and permutations of Balthus’s obsessions with adolescents and felines. She addresses the crucial influence of such key figures as poet Rainer Maria Rilke, his mother’s lover, who acted as Balthus’s surrogate father, but also includes the previously unknown voices of the girl models: their recollections and comments provide a unique perspective on some of the best known and most controversial paintings of the 20th century.
バルテュス画集 (日本語) 大型本 – 1989/1/1

コメント

タイトルとURLをコピーしました