エドワード・ホッパー=ハードボイルド美術館

エドワード・ホッパー

エドワード・ホッパーはアメリカの有名な画家だ。

20世紀アメリカ絵画を代表する画家です。

物語性を感じる孤独なアメリカン・シーンを描き、独特なリアリズムが人気です。

そして、彼の絵は、そのテーマに、タッチに、光の具合に、ハードボイルドなものが潜んでいると俺は勝手に思っている。

彼の絵は、クールで無機質なハードボイルドの香りがする。アメリカの1900年代の乾いた何かを感じさせるのだ。

エドワード・ホッパーの絵をアトランダムに下に掲げよう。それで、少しはこの画家の孤独の深淵を覗けるかもしれない。渋すぎる。

スポンサー広告

ナイトホークス

エドワードのホッパーの有名な代表作。

ハードボイルドとクールが入り交ざる。

GAS

Train

Rooms by the sea

村上春樹が小説の表紙にエドワード・ホッパーを使うのが分かる気がする。

Cobb’s Barns and Distant Houses 2.

日曜の早朝

真昼

Western Motel 1957

Portrait of Orleans 1950 

Room in Brooklyn

ドラッグ・ストア

夜明けのペンシルベニア

Hill and Houses Cape Elizabeth Maine 1927

線路の傍らの家

Sailing Seaside Ocean Coastal

ニューヨークムービーモダン

ナイトウィンドウ

The Lighthouse at Two Lights 

コメント

タイトルとURLをコピーしました