田中一村:ハードボイルド美術館

ハードボイルド
田中一村記念美術館 | 鹿児島県奄美パーク
スポンサー広告

田中一村プロフィール

田中 一村(たなか いっそん、1908年7月22日 – 1977年9月11日)は、日本画家である。栃木県出身。旧東京美術学校(現東京芸大)出身。

生涯最後の絵を描くため50歳で奄美に渡り、無名のまま69歳で亡くなった。

奄美大島の自然を愛し、その植物や鳥を鋭い観察と画力で力強くも繊細な花鳥画に描いた。

アダンの絵を良く描いた。

アダンの海辺

奄美大島のゴーギャン。田中一村に触れる。孤高の天才画家。

アダンの木

最高傑作「アダンの海辺」を描いた田中一村ってどんな人? | 和樂web 日本文化の入り口マガジン
出典:「アダンの海辺」1969年 個人蔵(千葉市美術館寄託)© Hiroshi Niiyama

1958年に奄美大島に移った後、1977年に亡くなるまでの作品。

  • 素描シリーズ
  • 花と鳥
  • ダチュラとアカショウビン
  • 「奄美の杜(もり)」シリーズ
  • アダンの海辺 – 千葉市美術館寄託
  • 高倉のある春景
  • 花と蝶、花と蛾、ほか

田中一村展覧会

田中一村作品集[増補改訂版] (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2013/12/6 ¥3,960
2001年に出版された『田中一村作品集[新版]』の増補改訂版。異端の画家・田中一村は、特定の画壇に属さず師につかず、その学びの姿勢は克己と挑戦であった。日本の南画にとどまらず、本場中国美術をも自分のものにし、西洋絵画においてはピカソまで視野に入れていた。独学の果てに選んだテーマは「墨画の近代化」。亜熱帯の植物をモチーフに「奄美12か月」を完成させた。228点におよぶ収載作品から、その生涯と軌跡を新たにたどる。

海老と熱帯魚

榕樹に虎みゝづく

桜躑躅の森に赤髭

初夏の海に赤翡翠

熱帯魚三種

枇榔樹の森に崑崙花

ソース画像を表示
出典:https://www.artagenda.jp/exhibition/detail/2410

一村の映画「アダン」

アダン ADAN [DVD] ¥12,215
『地雷を踏んだらサヨウナラ』の五十嵐匠監督が、孤高の日本画家・田中一村の生涯を描いた伝記ドラマ。貧しい生活の中、一心不乱に絵に打ち込む一村。だが彼の絵はなかなか認められず、ついには公募展の主宰者・山上北斗に激しく詰め寄り…。

田中一村という画家

孤高の画家、田中一村。ハードボイルド過ぎる一生を絵に捧げた。たった一人、絵に真摯に打ち込んだ。哀し過ぎるほど。赤貧。

田中一村終焉の家 写真・画像【フォートラベル】|奄美大島
出典:4travel.jp

奄美で亜熱帯の植物や鳥などを描いた田中一村。生前に作品を公表する機会もなく無名のまま亡くなった。自分の描いた絵をこよなく愛した男。言葉も出ない。彼の前では。

出典:https://intojapanwaraku.com/jpart/2036/

コメント

タイトルとURLをコピーしました